介護おむつの交換を手早く安全にするにはどうすればいい?

介護

自宅介護をするうえで、家族が特に対応に悩むのが排泄介助、介護おむつの交換ではないでしょうか。

今回は介護おむつを手早く、かつ安全に交換するためのコツを、準備物・手順・漏れやかぶれを防ぐ方法の3つの分野に分けて紹介していきます。

介護おむつの交換で準備するものは?

介護おむつ交換のための準備は、実際の交換手順と、介護される側の心情に配慮して行う必要があります。
まずは以下を参考に、あなたが介護おむつを交換する際に必要なものを用意し、手に取りやすい位置に配置しましょう。

介護おむつ交換のときに、必要な物の例
  • 使い捨ての作業用手袋
  • 替えのきれいなおむつ
  • 体をきれいにするためのシャワーボトル入りの温水、おしりふき、布や紙
  • 汚れたおむつを捨てるための容器
  • その他、あなたにとっておむつ替えのときに必要な物

おむつを交換する側である介護者の準備が整ったら、次は、おむつ交換をされる被介護者に心の準備をしてもらいます。

本来、排泄は非常にプライベートな行為であり、他者の手を借りるものではありません。
このためおむつ替えに際しても、陰部や排泄物を見られることに、強い心理的抵抗感を持つ人が多いのです。

介護おむつを変えるときには必ず被介護者の心情に配慮し、心の準備をしてもらえるよう、以下のポイントに沿って声掛けしましょう。

被介護者に、おむつ替えの準備をしてもらうために
  • 事前に何をするのか伝え、必ず本人の承認を得る
  • 体の向きや体勢を変えるとき、可能な範囲で自力でやってもらう
  • カーテンやドアを閉め、おむつ替えの様子が他者に見られないようにする
  • 汚れたおむつはすぐに始末し、被介護者の目に触れないよう配慮する

介護おむつの交換の手順

介護おむつ交換の基本的な手順は、以下の通りです。

パンツタイプの場合

立った状態で替えるとき

  1. トイレの介助バーを使い、つかまり立ちの姿勢を取ってもらう
  2. おむつを降ろし、補助をしながら一緒に移動し便座に座ってもらう
  3. 汚れたおむつを足から抜き、新しいおむつを足に通す
  4. 介助バー、または自分につかまって立ってもらい、おしりと陰部をきれいに拭く
  5. きれいなおむつを腰まで上げる

座った状態で替えるとき

  1. 2人で向かい合い、こちらに抱き着いて体重をかけた前傾姿勢を取ってもらう
  2. お尻が浮いた状態にし、被介護者の体を左右に傾けながら少しずつおむつを下げる
  3. 汚れたおむつを足から引き抜き、用意しておいた新しいおむつを通す
  4. 足を低い台などに乗せてお尻を浮かし、陰部をきれいに拭いてからおむつを上げる

テープタイプの場合

寝たきり状態で替えるとき

  1. こちらに被介護者の背中が向いた状態で、横向きに寝た姿勢になってもらう
  2. 新しいおむつを被介護者の腰元、おなかの側へ、少しテープを巻いた状態で置く
  3. 汚れたおむつを外し、丸めた状態にして被介護者の体の下に入れ込む
  4. 陰部とおしりをきれいに拭き、被介護者の膝を立てこちら向きに寝返らせる
  5. 汚れたおむつを引き抜き、吸収ポリマーが骨盤に当たるよう新しいおむつをセット
  6. 被介護者を仰向けにし、巻いておいた新しいおむつのテープ部分を戻す
  7. 被介護者の足をまっすぐにして、パッドを陰部に沿わせるようにして山折りに
  8. おむつを当てて、しわにならないようテープで留める

おむつの漏れやかぶれを防ぐ方法はある?

以下のポイントに遵守すれば、介護おむつ交換時の漏れやかぶれ、床ずれを防ぐことができます。実践して、おむつ交換時の手間を減らしましょう。

  • 尿漏れパッドを折って性器に当て、ギャザーを広げたおむつと併用する
  • ギャザーは立てて足の付け根やウエストのラインに丁寧に沿わせてから、テープで留める
  • シャワーや濡れた布で拭いたお尻や陰部は、必ず乾いた布でも拭いて十分に乾かす
  • 乾かしたお尻と陰部には、ワセリンやオイルを塗って保湿し、肌トラブルを予防

おわりに:丁寧に対処すれば、介護おむつ交換の手間は結果的に少なくなる

事前に必要な物、また被介護者の心の準備をしておくことで、介護おむつの交換は手早くスムーズに行えるようになります。また尿漏れパッドと併用し、交換の度に丁寧な拭き取りと乾燥、保湿を行っておけば、おむつ交換の回数や肌ケアの手間を減らすことができます。本記事を参考に適切な手順を理解し、丁寧かつ手早いおむつ交換スキルを身につけましょう。

コメント