介護タクシーって、いくらくらいかかる?

介護

一人での外出が困難な高齢者を目的地まで送迎し、乗降や移動に必要な介助までしてくれる介護タクシーは、高齢者とその家族にとってありがたい存在ですよね。

今回は介護タクシーの利用、またその他の介助・介護に必要な器具の使用にかかる費用目安を、介護タクシーに対応する事業所の探し方と一緒に解説します。

介護タクシーの料金はどんな仕組みになってるの?

介護タクシーの利用料金は、タクシー運賃実費・利用者に応じた介護報酬・介護機器のレンタル料金の合計です。

介護タクシー利用にかかる「運賃実費」とは

介護タクシーの運賃はメーター制、または時間制・距離制運賃で設定されています。

メーター制運賃
通常のタクシーと同じで、走った分だけをメーターで測って計算します
時間制運賃
30分ごと1,000円など、サービスを提供する事業所が独自に時間による運賃の計算・加算制度を設定しているものです
距離制運賃
最初の2㎞まで750円、以降は1㎞ごとに300円など、利用する距離に応じて運賃を加算・計算する制度を、サービスを提供する事業所が独自に設定しているものです

介護タクシー利用にかかる「介護報酬」とは

国が都道府県に対して定める「単価」に基づき計算されます。かかる単位は利用時間が長いほど、必要な介助が多いほど大きくなり、その分料金も加算される仕組みです。

2016年8月時点の、介護タクシー利用にかかる単価は以下の通りです。1単位がいくらになるのかは、お住まいの地域の福祉担当に確認してくださいね。

身体介助を伴わず、通院目的で利用する場合
  • 30分未満 … 101単位
  • 30分以上45分未満 …1 46単位
  • 45分以上1時間未満 … 189単位
身体介助を伴い、通院目的で利用する場合
  • 30分未満 … 245単位
  • 30分以上1時間未満 … 388単位

介護タクシー利用にかかる「介護機器レンタル料金」とは

介護タクシーの利用に伴い、車いすなどの介護機器レンタルが必要な場合は、そのレンタルにかかる費用も実費で必要になります。

介助や介護器具にかかる料金の目安は?

介護タクシー利用に伴い介助を必要とする場合にかかる費用の目安は、介護保険の適用を受けて1割負担とした場合、片道100円程度と推測できます。
ただし、介護保険の適用を受けず介護タクシーを利用する場合は、全額自己負担です。
必要な介助の内容に合わせ、以下の金額を目安に自己負担することになります。

介護保険の適用外で、介護タクシー利用で介助を受ける場合の料金目安
  • 乗降に伴う、基本的な介助 … 500~1500円程度
  • 室内での移動介助 … 1000円程度
  • 外出先での付き添い … 1200円程度
  • 病院内での介助 … 30分で900円程度

なお介護器具のレンタルにかかる費用の目安は、それぞれ以下の通りです。

介護タクシーと一緒に介護機器をレンタルする場合にかかる料金目安
  • 車いす … 無料~1400円程度
  • リクライニング付き車いす … 1500~2000円程度
  • ストレッチャー … 4000~6000円  など

介護タクシーを探すとき、どんなことに注意すればいい?

介護タクシーを探すときに注意すべきポイントは、以下の3つです。

  1. 料金設定がわかりやすく、請求額に透明性があるかどうか
  2. ドライバーの運転技術はどうか、口コミや評価が良いか
  3. 利用者に触れて身体介助を提供する、ドライバーの人柄はどうか

しかし上記はいずれも、介護に不慣れで介護業界の知識に乏しい高齢者家族には、判断が難しいでしょう。

そこで頼りになるのが、高齢者とその家族と地域の介護事業所とつなげる役割を持ち、ケアプラン作成を担当するケアマネージャーです。
ケアマネージャーは、地域の介護事業所の情報や評判、利用者の状態に応じて必要な介助レベルや介護機器などについて、適切に教えてくれます。

介護保険の適用を受けて介護タクシーを利用する場合はもちろん、介護保険を利用しない場合でも、まずはケアマネージャーに相談してみてください。

なお介助を必要とせず、自力で介護タクシーに対応する事業所を探すときは、インターネットで地域の介護タクシーを探せばOKです。
ただし、自力で探す場合も事前に見積もりを取ってもらうことで料金の透明性を、評判を調べることでドライバーの質を、必ず見極めるようにしてくださいね。

おわりに:介護タクシーの利用料金は、保健適用の有無や必要な介助で変わる

通院や外出に便利な介護タクシーの利用料金は、介護保険の適用を受ける場合には実費の運賃・介護機器レンタル料と、介護報酬額の合計で決まります。運賃計算の方法は事業所により異なりますが、介護保険の適用を受ける場合、数千円から利用が可能でしょう。しかし手厚い介助が必要な場合や、介護保険の適用を受けず実費で利用する場合は、数万円程度かかる可能性もあります。まずはケアマネージャーに相談し、事業所の紹介を受けましょう。

コメント