認知症保険ってどんな保険?介護費や医療費ってどれくらいかかるの?

認知症

人生100年時代と言われる近年、年齢を重ねることへのリスクヘッジのため、新しく「認知症保険」が各保険会社から販売されるようになってきました。
今回は認知症保険の保障内容や選び方について、認知症を発症した場合にかかる介護・医療費用の目安と一緒に、解説していきます。

認知症になるとどれくらいお金がかかるの?

ケースバイケースではありますが、仮に自身や家族のうち1人が認知症を発症した場合、必要になる介護と医療費用の目安は以下の通りです。

認知症患者にかかる介護費用の目安
  • 在宅介護で、定期的に介護サービス提供を受けた場合…1年あたり/約219万円
  • 施設に入所のうえ、介護サービスの提供を受けた場合…1年あたり/約353万円
認知症患者に必要な医療費用の目安
  • 認知症患者が入院のうえ、医療を受ける場合…1か月あたり/約34万4,300円
  • 認知症患者が、外来患者として通院し医療を受ける場合…1か月あたり/約3万9,600円

上記を基準に考えると、仮に認知症患者1人が通院しながら在宅での介護サービスを受けようとする場合、年間およそ266万円もの費用がかかる計算になります。

日本では公的な医療保険・介護保険制度があるため、個人が上記金額を全額負担するわけではありません。それでも、認知症になることによる患者本人と家族への金銭的負担は、非常に大きいといえるでしょう。

認知症保険ではどんなこと保障されるの?

ここからは加入者が認知症を発症した場合に、各保険会社が提供する認知症保険が、どのような保障をしてくれるのかを見ていきましょう。

認知症保険の保障内容は、主に以下の「認知症一時金」と「認知症年金」、そして「その他の保障」の3つで成り立っています。

認知症保険の「認知症一時金」とは
  • 認知症発症により、各保険会社の定義する要件に当てはまった場合に、まとまった金額の保険金を一時金として受け取れるもの
  • 受け取れる保険金額は、30~300万円程度までプランによってさまざま。認知症介護のための初期費用として、多いに役立つ
認知症保険の「認知症年金」とは
  • 認知症発症により、各保険会社の定義する要件に当てはまった場合に、一定期間または一生涯にわたり、毎年定額を受け取れるようになるもの
  • 受け取れる金額は10万円単位になることが多く、状態で金額が増減するプランも
  • 基本的に完治することがない認知症において、長期的に介護生活を支える資金となる
認知症保険の「その他の保障」とは
  • 認知症保険に、特約として医療保障や死亡保険、介護保障をつけている場合は、認知症に伴う医療・介護のために保証金を受け取れる場合もある

なお、保険会社やプランによって保障内容はさまざまです。
このため、上記3つすべての保障が含まれている認知症保険もあれば、いずれか一部のみ保障内容として含まれているものもあります。

認知症保険は一時的または長期的に、認知症発症者とその家族の生活を経済的に保障し、支援してくれる内容となっているのです。

選ぶときは何を基準に考えればいい?

加入者の状況に合った認知症保険を選ぶには、以下に注目して保障内容を確認するのがおすすめです。

認知症保険を選ぶときに、確認すべき要件

保障を受けられる条件、適用範囲はどうなっているか

同じ認知症保険というパッケージでも、一時金・年金を受け取れるようになる条件や、保証を受けられる範囲には違いがあります。
仮に自分が認知症になった場合、どの程度の保障を受けてどのように生活をしていきたいのか、しっかりイメージしながら保障の条件・内容を確認すると良いでしょう。

保険金と保険料の負担額

プランや保障内容によって、掛け金として支払う保険料も、認知症になったときに受け取れる保険金の金額も大きく変わってきます。
月々どの程度の保険料なら無理なく支払えるか、また認知症発症時にどの程度の支払いを受ける必要があるのか、現状を踏まえて考え、試算してみましょう。

加入者の条件と、保険金請求時の支援体制

プランにより、認知症保険に加入できる年齢や条件は異なります。また加入時の年齢や体調に応じ、必要な保険料が変わってくるものもあります。
また加入者が認知症になったとき、保険金請求の手続きを家族・親族がすすめると考えた場合、保険会社側に支援体制があるかも重要です。

自身の現在の年齢や持病の有無、いざというときに頼りとなる家族・親族の年齢なども考慮して、条件の良い保険やプランを選ぶ必要があるでしょう。

おわりに:認知症保険は、認知症の人と家族の生活を経済的に支援してくれる

近年、販売する保険会社が増えている認知症保険は、加入者が認知症になった場合の介護生活を金銭的に支援してくれる保険商品です。具体的な保障内容は販売する保険会社・プランによっても変わってきますが、おおまかには認知症への一時金・年金を主な柱として、定期的に一定額のお金を受け取れるシステムになっています。

認知症保険への加入を考えているなら、現状を鑑みて自分の将来に必要な保障内容を考え、選んでくださいね。

コメント