ケアハウスってどんなメリットがある介護施設なの?

老人ホーム

老後、介護が必要になったときの施設入居に対し、経済的不安を持つ高齢者は多いでしょう。

今回は、比較的安価で入居できる高齢者向け介護福祉施設「ケアハウス」について、他の有料老人ホームとの違いや入居の条件とあわせて、ご紹介していきます。

ケアハウスとは?

ケアハウスとは、軽費老人ホームC型とも呼ばれる介護福祉施設で、主に助成金を受けた社会福祉法人や地方自治体、民間事業者によって運営されています。

ケアハウスには、対象とする入居者や提供するサービスの内容により「一般型」と「介護型」の2種類に分けられます。

一般型ケアハウス
  • 受け入れ対象は家族からの援助を受けるのが難しく、自立生活に不安のある60代
    (夫婦2人暮らしの場合は、夫婦のどちらか一方が60歳以上であれば入居可能)
  • 食事の準備や提供、掃除・洗濯等への生活支援、緊急時の対応・相談サービスあり
  • 基本的に、入居者には個室の居住スペースが確保される
  • ただし介護サービスを受ける場合は、別途外部事業所と入居者が契約しなければならない
  • 要介護度が上がってくると、退去し別の介護サービスのある施設へ移る必要がある
介護型ケアハウス
  • 受け入れ対象は65歳以上で、かつ要介護度1~2の高齢者
  • 基本的に、入居者には個室の居住スペースが確保される
  • 一般型で提供される生活支援だけでなく、入浴・排泄への身体介助やリハビリ、療養状のお世話などの介護サービスの提供も受けられる
  • 施設によっては要介護度の高い人や認知症患者も受け入れていて、要介護度が上がっても住み続けられる可能性が高い

どちらのケアハウスも、家族から支援を受けたり同居することは難しいけれども、経済的に余裕の少ない高齢者を支援するための施設という意味では共通しています

入居には、入居時に一括で支払う保証金と継続的に支払うことになる月額費用がかかりますが、介護型ケアハウスの方が一般型よりも保証金が高額になります。

ケアハウスと有料老人ホームって何が違うの?

ここからは、一般的に有料老人ホームと呼ばれる「介護付有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」と、ケアハウスの違いを理解していきましょう。

運営事業者の違い

有料老人ホームのほとんどは民間企業によって運営されていますが、ケアハウスは助成金を受けた自治体・社会福祉法人・民間企業が運営しています。

このため、ケアハウスの方が有料老人ホームよりも、かなり安価で入居できるのです。

提供されるサービス内容の違い

有料老人ホームでは、原則として入浴・排泄・食事の介助、食事の提供、健康管理、洗濯・清掃などの家事のうち、いずれかの提供を受けられます。

運営する民間企業の方針や得意分野により、受けられるサービスや利用できる施設内容にも、差が大きいのが特徴です。

対して、ケアハウスで受けられるサービスは、食事や洗濯などの生活支援・介助がメインです。
助成金を受けた公的施設という側面が強く、受けられるサービスや利用できる設備内容は、良くも悪くも一定でしょう。

長所・短所の違い

長所

有料老人ホームの長所は、入居費用が高い分、介護サービスの享受にかかる費用が定額に設定されていることが挙げられます。

対してケアハウスは、利用する施設が一般型か介護型かによっても異なりますが、総じて安価で生活支援や介護サービスを受けられるところが最大の長所と言えるでしょう。

ケアハウスの入居にかかる費用は、入居時に支払う保証金が数百万円くらいまで、継続的にかかる月額費用は6~17万円が目安です。

短所

有料老人ホームの短所は、やはり入居にかかる費用が高額であったり、要介護度に応じて介護サービス費用が上がる可能性があるところでしょう。

有料老人ホームの入居にかかる費用の目安は、入居時に必要な保証金が数千万~1億円前後、継続的にかかる月額費用が10~40万円とされています。

対してケアハウスの短所としては、入居費用が安いために倍率が高く、入居待ちが発生しやすいところが挙げられます。

ケアハウスは認知症の人も入居できる?

認知症の人へのケアハウスの対応は、各施設の規定によって変わってきます。

ただ、介護型のケアハウスであれば介護サービスを提供することができるので、集団生活に支障が出ないようなら、認知症でも受け入れてもらえるでしょう。

しかし施設の状況や規定、認知症である高齢者本人の状態や症状の現れ方によっては受け入れてもらえない可能性もあります。

認知症の人をケアハウスに入居させたいときは、必ず事前に入居を希望するケアハウスへその旨を伝え、受け入れ可能かどうかを確認してくださいね。

おわりに:ケアハウスは安価で、要介護者でも入居できる可能性のある施設

助成金を受けた地方自治体や社会福祉法人、民間企業が運営するケアハウスは、比較的安価で入居できる介護福祉施設です。

主な対象者は経済的余裕の少ない独居、または夫婦2人暮らしの高齢者で、自立生活が可能な60代以上の人は「一般型」、要介護1~2度の65歳以上の人は「介護型」施設で受け入れてもらえます。

どちらのケアハウスも人気で入居待ちが発生しやすいですが、しっかり情報収集したうえで申し込み手続きをしてくださいね。

コメント