軽費老人ホームは費用が安いって本当?

老人ホーム

高齢者向け介護福祉施設には、さまざまな料金形態、サービスのものがあります。

今回は高齢者向け介護福祉施設の一種「軽費老人ホーム」がどのような施設か、その特徴や種類、入居条件や費用の目安などを確認していきましょう。

軽費老人ホームの特徴と種類

軽費老人ホームは、おもに助成を受けた地方自治体や社会福祉法人が運営している老人ホームで、比較的低料金で入居できるのが特徴です。

その種類は、受け入れ対象や提供するサービス内容により以下3つに分けられています。

軽費老人ホームA型
  • 身寄りがない、または家族・親族からの支援を受けられない独居老人を対象とする
  • 具体的な入居条件は60歳以上で、月の所得が34万円未満であること
  • ただし、原則として要介護認定を受けた者は入居の対象外となる
  • 入浴準備、緊急時の対応、健康上の相談などに加え、食事の提供サービスを受けられる
軽費老人ホームB型
  • 身寄りがない、または家族・親族からの支援を受けられない独居老人を対象とする
  • 具体的な入居条件は60歳以上で、月の所得が34万円未満であること
  • ただし、原則として要介護認定を受けた者は入居の対象外となる
  • 入浴準備、緊急時の対応、健康上の相談などの生活支援サービスを受けられる
  • ただし食事の提供サービスはないため、原則入居者本人が自炊する
軽費老人ホームC型(ケアハウス)
  • ほとんど介護を要しない一般型と、要介護者を対象とした介護型の2種類がある
  • 具体的な入居条件は、一般型が60歳以上であること、介護型では65歳以上かつ要介護度1~2であること
  • 一般型で受けられるサービスはA型とほぼ同じだが、介護型では入居者の状態に合わせ入浴や排泄の際の身体介助も提供される

軽費老人ホームが社会から求められているのは、経済的・身体的に生活への不安を抱える高齢者を受け入れ、自立を助けるというものです。

このため、基本的には「ある程度自立した生活が可能な高齢者」を受け入れの対象としていて、要介護度が上がると入居し続けることは難しくなります

また他の老人ホームに比べて入居費用が安い分、居室が狭くなったり、入居の難易度が高くなるケースも多くなっています。

軽費老人ホームの費用はどれくらいなの?

軽費老人ホームの入居にかかる費用は、入居するホームの種類により変わってきます。

食事サービスの提供を受けられるA型の場合、入居者は家賃・サービス提供費・食費・日常生活費を毎月支払うことになります

食事サービスの提供がないB型の場合は、入居者は家賃・サービス提供費・日常生活費を毎月支払い、自炊のための費用は自分で管理し使用します

なおA型・B型いずれのタイプの軽費老人ホームでも、介護サービスは入居者が別途外部事業所と契約し、自己負担分を直接支払う必要があります。

また入居時には、一般的な賃貸物件での敷金にあたる保証金の支払いが必要です。

軽費老人ホームの入居にかかる月額費用の金額目安を、以下に施設のタイプ別にまとめましたので、参考にしてくださいね。

軽費老人ホーム、入居にかかる費用の目安

A型の場合
  • 家賃    …2万円前後
  • 食費    …5万円前後
  • 日常生活費 …5万円前後
  • 合計    …12~15万円
B型の場合
  • 家賃    …2万円前後
  • 日常生活費 …5万円前後
  • 合計    …12万円前後

※B型の場合、上記に加え自炊のための食費が別途かかります。

なお入居にかかる月額費用は、入居者や入居者親族の経済状況、施設の立地などにより変わる場合があります。

日常生活費の名目や内訳も施設により異なりますので、どんな費用がいくらくらい継続的にかかるのか、事前に施設側にしっかり確認しましょう。

軽費老人ホームC型であれば、要介護の人も入居できる?

C型の軽費老人ホームの介護型施設に入所している場合なら、一定の介護サービスを受けられる環境が整っているため、要介護者であっても入居が可能です。

入居してから要介護度が多少上がっても、退去を求められる可能性は低いでしょう。

おわりに:軽費老人ホームは、他施設に比べ安く入居できるのが特徴

助成金を受け、地方自治体や社会福祉法人が運営する軽費老人ホームは、他の施設に比べ安く入居できるのが特徴的です。

軽費老人ホームは主に独居で自立した生活が可能な高齢者を対象としたA型・B型と、要介護者も受け入れ対象とするC型の3タイプに分けられます。
このうちC型施設では、一部要介護者の入居も受け入れています。それぞれのタイプを理解し、あなたの身体・経済状況に合った施設への入居をめざしてくださいね。

コメント