制度

介護

地域密着型通所介護ってどんなサービスなの?

通所介護(デイサービス)とは、在宅介護で暮らす高齢者が1日または半日、通所介護施設にて日常生活の介助を受けたり、レクリエーションなどの娯楽プログラムを過ごしたりする介護サービスのことです。 地域密着型通所介護は、通所介護と基本的なケア内容は同じですが、人数や料金などに細かい違いがあります。一般的な通所介護との違いを中心にご紹介しましょう。
介護

通所介護(デイサービス)ではどんなサービスが受けられるの?

デイサービスとは、名前の通り基本的に宿泊を伴わない日帰りのサービスのことを指します。在宅介護を行う人にとって、どうしても外出しなくてはならないとき、息抜きにリフレッシュしたいときというのはあるものです。 そんなとき、デイサービスを利用して自由に動ける時間を作るのがおすすめです。この記事では、デイサービスの特徴やサービス内容、費用についてご紹介します。
介護

夜間対応型訪問介護ってどんなサービスなの?

要介護度が高い状態の高齢者を在宅介護でケアすることは、介護者となる家族に大きな身体的・精神的負担がかかります。とくに、夜間にベッドから転落してしまったり、体調が急に悪化したりしたときに、家族がすぐに気づけるとは限りません。 そこで、地域によっては「夜間対応型訪問介護」という、夜間の定期巡回や随時対応を行っています。今回はこの「夜間対応型訪問介護」の概要やサービス内容を詳しく見ていきましょう。
介護

居宅療養管理指導を受けることには、どんなメリットがあるの?

在宅で介護を受ける高齢者にとって、体調の悪化は大きな問題の一つです。自宅には医療器具もありませんし、家族が医療的措置を行えるとは限りません。また、通院して診察を受けるにも介助が必要です。 そこで、高齢者の体調が悪化したとき、あるいは体調の悪化を予防するために、自宅に医師や看護士などの専門家を呼べるのが「居宅療養管理指導」というサービスです。詳しく見ていきましょう。
介護

訪問看護って、どんな支援サービスなの?

在宅介護をしているとき、このやり方で良いのかと疑問に思うことはありませんか。また、被介護者の状態や要介護度が変化したとき、介護の方法について戸惑うことも増えるでしょう。医療的な措置が必要になる場合もあるかもしれません。 訪問看護では、そうした介護の疑問点を解消したり、家族では行えない医療措置を行ってもらえます。具体的にどんなことをしてもらえるのかや、利用する保険の種類について詳しく見ていきましょう。
介護

短期入所生活介護(ショートステイ)ってどんなサービスなの?

在宅介護を行う人にとって、介護疲れは重大な問題です。肉体的な疲労はもちろん、外出や気分転換がままならずストレスを抱えてしまうこともありますし、冠婚葬祭などでどうしても介護に当たれない日もあるでしょう。 そんなときに便利なのが「短期入所生活介護(ショートステイ)」のサービスです。この記事では、ショートステイとはどんなサービスなのか、対象となる人、費用の目安についてご紹介します。
介護

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)ってどんな介護サービス?

一時的に在宅介護が難しくなった要介護の高齢者に対し、専門家による医学的な管理のもと短期間施設に入所できる制度を短期入所療養介護と言います。 今回は、医療型ショートステイと呼ばれることもある短期入所療養介護がどんなものか、受けられるサービスの内容やメリット・デメリットと合わせ解説します。
介護

訪問リハビリテーションって?どんな人が対象になるの?

介護サービスには、心身の機能を回復・維持するための医療的な指導であるリハビリテーションを、自宅で受ける手段も用意されています。 今回は在宅での介護生活に嬉しい訪問リハビリテーションについて、どんな人がサービス提供の対象となるのか、サービスの内容と合わせて紹介します。
介護

通所型サービスの種類ごとの違いって?

介護サービスには、大きく分けて訪問型サービスと通所型サービスの2種類があります。 今回はこのうち通所型サービスについて、従来から提供されている介護職員によるものの他、種類ごとの特徴を解説していきます。
介護

訪問型サービスって、どんなことをしてくれるの?

特定の施設や病院に通うのが困難な人に向け、提供される医療や介護のサービスのことを「訪問型サービス」と呼びます。 今回は訪問サービスとは何か、具体的にどのようなものが訪問サービスに該当するのかも例示しながら、解説していきます。