認知症で起こる記憶障害の特徴と対応方法は?

認知症

認知症は徐々に脳の機能が低下することで、さまざまな症状を引き起こす病気です。
なかでも代表的な症状として挙げられるのが「記憶障害」でしょう。

今回は認知症の症状として起こる記憶障害について、その特徴や適切な対応をメインに解説していきます。

そもそも記憶障害ってどんなこと?

自分が体験した、または見聞きした過去の出来事を、自覚しないまま忘れてしまうことを記憶障害と言います。認知症においては、代表的な中核症状です。

なお記憶障害の症状は、記憶の種類ごとに以下5つに分類できます。

短期記憶障害

数秒から1分以内の、短期のみ留めておくべき記憶を忘れてしまう障害です。

新しいことを覚えられなくなるため、例えば今日の日付や今後の行動、さっきまで持っていたものをどこに置いたかなど、直近の小さな記憶から忘れていきます。

長期記憶障害

数分から数日間にわたって残る近時記憶、数日以上の長期にわたって残る遠隔記憶を、忘れていってしまう障害です。

祝日の名前や地名などの一般的な知識や、自分や家族に関する思い出や出来事などを、認知症の進行とともに少しずつ忘れていきます。

エピソード記憶障害

自分が体験した出来事を、関連するエピソードごと忘れてしまう障害です。

通っていた学校のことや勤めていた会社、従事していた仕事のことなど、特定の出来事全体が抜け落ちたように記憶からなくなります。

意味記憶障害

言葉やものの意味を忘れてしまう障害です。

指し示したいものの意味や名前がわからなくなり、「あれ」や「それ」と言った代名詞で表現することが増えるため、次第に意思の疎通を困難にしていきます。

手続き記憶障害

本人が無意識に記憶していること、または繰り返し行ってきた経験や習慣で身に着けた技術や知識を、忘れていってしまう障害です。

自転車に乗る、泳ぐ、ピアノを弾くなど、以前は普通にできていたことができなくなっていきます。

認知症の人に起こる記憶障害の特徴は?

脳のうち、海馬という記憶を司る部位が破壊されて生じる認知症の症状としての記憶障害には、以下のような特徴が見られます。

長期記憶よりも、短期記憶の方が失われやすい

認知症による記憶障害の場合、まずは直近の短期記憶から失われていき、症状が進行すると数年・数十年単位の過去など長期記憶にも影響が及んでくるのが特徴です。

このため、いま住んでいる場所の記憶を失くしていても、子どもの頃に住んでいた場所や周辺の地理については覚えているケースも見られます。

長期記憶とならび、意味記憶や手続き記憶は失われにくい

遠い過去の記憶である長期記憶と並び、一般的な知識である意味記憶、体で覚えた手続き記憶も、認知症による記憶障害では失われにくいです。

エピソード記憶は、その体験・出来事を丸ごと忘れてしまう

認知症による記憶障害では、体験した記憶を丸ごと失ってしまうケースも多いです。

例えば旅行に行った場所だけでなく、旅行を計画し、出かけたこと一連の記憶を失くしてしまう、と言った特徴が見られます。

記憶障害に気づいたとき、どうやって対応したらいい?

認知症による記憶障害を起こしている人には、以下のような対応が求められます。

本人の主張を否定せず、受け入れて不安を和らげてあげる

自覚のないまま記憶を失っている認知症の人は、自身の認識する世界と周囲が認識する世界にズレを感じると、多大な不安や恐怖を感じます。

記憶がないために本人の言っていることが正しくないとしても、それを周囲が訂正しようとすると、より不安をあおられてしまいます。

まずは否定するのではなく、本人の言っていること・記憶を受け入れて、安心してもらえるよう努めてください。

記憶障害と共存して生活できるよう、環境を整える

認知症による記憶障害は、少しずつですが確実に進行していきます。
このため記憶障害との付き合いが、十年以上の長期にわたることも珍しくありません。

記憶障害と付き合わざるを得ない状況で、認知症の人のために周囲ができることは、症状と共存して生きていける環境を整えることです。

以下のような対策をして、特に短期記憶障害を補助できる環境を整えましょう。

  • 1日のスケジュールを紙に書いて、本人が頻繁に確認できるところに貼っておく
  • 新しいことを覚えるときは、1回ではなく繰り返し1つずつ反復練習する
  • 記憶するためには、声だけでなく絵やメモ、ジェスチャーなどの方法も試す

おわりに:認知症による記憶障害は、短期記憶から失われていく

代表的な認知症の症状である記憶障害は、直近の短期記憶から失われ、その後進行するにつれてエピソード記憶や、長期記憶の領域にも及んできます。ついさっきの行動や今後の予定を忘れる、前後の出来事もあわせ体験を丸ごと忘れているなら、認知症による記憶障害かもしれません。認知症による記憶障害に気づいたら、まずは本人を安心させ、記憶を失くしていることへの不安を和らげて、今後の対策を考えてあげてくださいね。

コメント